ローンの残っている車を中古車販売店に売却するには

自動車を乗り換えるタイミングは人によってそれぞれで場合によってはまだローンを組んで購入していてまだ返済しきれていない場合でも今の車を売却して新しい車を購入するのを検討している人もいます。


しかしローンが残っている車を中古車販売店に売却しようとした場合必要な手続きや条件が出てきます。

中古車についてお答えします。

まずは今残っているローンを現在乗っている車を中古車販売店に売却することで返済できるという場合や現在の車を売却したお金以外でもとにかく返済するお金を全て返済できるという条件が必要になってきます。



ローンを残したままで車を手放したり乗り換えたりする場合はやむを得ない事情がなくてはいけないのでこれは特例なのです。このような条件を満たす必要があるのはローンを組んでいるクレジット会社などからの承諾がなければならないからです。

お金を貸している側からすればまだ返済途中の借り入れがあるのに新しい自動車を購入することで返済が滞ったりすることがないように一括で返済するか何か特別な理由がなければこれに承諾することはできないのです。
自動車を乗り換える際に今まで乗っている車を売却して得たお金で全額返済できれば特別な理由がなくても承諾してもらえる可能性が高いので中古車販売店に売却する際は残っている返済額を把握した上で納得できる額で買取してもらえる中古車販売店で売却することが必要になってきます。

そのためには多くの店を比較して買取額を少しでも高く設定してくれる店をみつけることが必要です。